今回はサラリーマンが副業で成功させるために必要な「自己承認」が今回のテーマになります。

皆さんは、自己承認を心から出来ていますか?

私は「自己承認」、「他責」という部分を職業柄、意識することが非常に多いです。

その理由としては、

自己承認ができていないと歩みを止めてしまいます。

結果、副業での成功も、幸せを感じ続けることもできなくなります。

今回の内容は、収入をアップしたいけど

「なかなかうまくいかない…」

「自分に自信がもてない…」

と、メンタルブロックがかかっている方にぜひお読みいただきたい内容です。

どうしたら、自分に自信がもてるようになるのか?

どうして自信がもてたり、自己承認ができるようになると、収入がアップするのか?

などを理解し、今後の方針を見いだす事ができるようになると思います。

ぜひ、最後までお読みください。

サラリーマンが副業で成功するために、自己承認がなぜ必要なのか?

思考が現実化する」という本にも書いてあるように、自分自身が「できる」と思ったことは現実になるのです。

ですが、「できる」と思えるようになるには、普段から自己承認ができてないといけません。

自己承認ができている方は問題があった場合、問題を解決し、確実に前にすすんでいきます。

ですが、自己承認ができていない人は、

すぐに「自分はダメなんだ」と思い込み、歩みをストップしてしまいます

論理的に考えても、自己承認ができていないと「成功」が遠のくことが理解できますね。

自己承認の重要性について、もう少し詳しく話していきたいと思います。

優秀な人でも失敗を繰り返している

営業マンのトップクラスでも、100人中30人が営業で成約になったら相当優秀です。

成約率3割です。

野球選手の一郎も、打率は通算3.5割です。

実は、

優秀な成績を残りしている人々も、かならず挫折や、苦悩があり、失敗があるのです。

そして、失敗の方が圧倒的に多いのです。

ただ、彼らは自分を信じる力がありました。

自分の価値を信じて、失敗しても前に進んだのです。

そして、信じ続けたからこそ栄光があったのです。

ですが、自己承認ができていない方はどうでしょうか?

一回失敗したら「ダメだ…」と、落ち込み、歩みをいちいち歩みをストップしてしまいます

これでは、能力があっても成功はできません。

このように考えていくと、「自己承認」がどれだけ大事なのかが、論理的にもご理解いただけると思います。

サラリーマンが、なぜ自己承認ができないのでしょうか?

自己承認できない理由は、いくつもあるのですが、総合して言えることは環境が悪いからです。

自己承認ができない1つ目の理由としては、「親」です。

親に子供の頃から厳しくされていて、何をやっても否定されて来た場合は、自己承認レベルが低い場合が多いです。

親は子供の頃から関わっているため、心身の底の部分まで影響を与えます。

自己承認ができない

2つ目の理由は「保育園や学校」です。

保育園や学校は、子供の社会へのスタートです。

ここで虐められたり、バカにされることが多くなると自己承認がなかなかできなくなります。

自己承認ができない

3つ目の理由は「会社」です。

アルバイトも同じなのですが、自分に合わない職場で働いた時は、怒られることが多くなります。

コミュニケーションもうまくいかなくなります。

そうすると、また自己承認ができなくなってしまいます。

自己承認ができない

4つ目の理由は「友人・知人」です。

人を大事にする気持ちはわかるのですが、自分のことを否定するような友人知人を周りに置いてしまう場合が多いです。

理由は、様々ですがそうなってしまうと自己承認ができなくなってしまいます。

自己承認ができるようになるにはどうしたらいいのか?

今日から自己承認できるようにしよう!

と思っても、精神の深い部分まで埋め込まれてしまった自己否定の心理からなかなか解放されることができません。

1つ1つ、1歩1歩解きほぐしていく必要があります。

では、解きほぐすためにどうしたらいいのかを、考えて行きたいと思います。

(うつ病までなっている方へはオススメができない方法の可能性がありますので、自己責任でお願いしますね☆)

自己承認をするために必要な要素

一言でいうと「否定する人を周りに置かないこと。近づかないこと」が大事です。

そして、肯定してくれる人々と一緒にいる事が大事です。

日本人は、否定する人が非常に多いです。

悪いところを直せばよくなると考えいているからです。

あなた自身も他者に対してそうではないでしょうか?

私も昔はそうでした。

ピータードラッカーもいうように、弱点を強化するより、強みをプロフェッショナルにした方が遥かに効率的なのです。

そして、得意なことをしていた方が、精神的にも安定してきます。

論理を理解していない方々は、とにかく弱点を強化しようとしてきます。

悪いところばかりを指摘してきます。

周りに否定が先行する人が多いと、自分自身を承認することが難しくなってしまいます。

そのため、否定が多い環境から離れることをオススメします。

1.否定の多い友人と会わないようにする

友人を大事にしたいのはわかりますが、人を不幸にする友人を大事していると、いつまで経っても自分自身が幸せになりません。

自分が幸せにならなければ、自分の周りの人も幸せにできないです。

そのため、否定の多い友人とは、できるだけ合わないようにしましょう。

2.職場を変える

職場にあなたの精神、考え方、生き方を無理やり合わせていませんか?

自分とは合わない環境に自分自身を無理やり合わせようとすると、精神が崩壊していく可能性があります。

逆に、自分に適した職場になることによって、好循環が生まれて行き、精神も安定して行きます。

私の場合は飲食業が非常に向いていました。

理由は、人と話をするのも好きですし、性格上せっかちなので、だらだら仕事をするのが苦手です。

早く綺麗に仕事をしたら、その分売上があがったり、お客さんが喜んだりするのが私にとっては楽だったのです。

ですが逆に、話をするのもゆっくりで、そして歩くのも遅くてマイペースな性格の人が飲食の仕事に就くと、ストレスばかりになります。

理由は飲食の世界では、マイペースな人の性格の逆のことを要求されてしまうからです。

特に要求されることは「早く動いてください」です。

時間が命の職場ですので、マイペースというのは受け入れられません。1つ1つを丁寧にやり過ぎるのではなく、とにかく速さを要求されます。

では、マイペースな方はどんな職場が向いているのでしょうか?

マイペースという言葉が抽象的なので、もっと具体的にしましょう。

動きがゆっくりですが、ミスが少ない性格」の方の場合、事務系の仕事が向いているかもしません。

私の場合は、性格がせっかちで、とにかく仕事を早く終わらせたいと思っているので、小さなミスが目立ってしまいます。事務職は非常に向きませんし、ストレスばかりの毎日になるでしょう。

ゆっくりでも、ミスがない方がスムーズにいく職場や環境がありますので、マイペースな方はそういった職場に転職をした方が活躍できるのではないかと思います。

また、その現場の上司や社長の考え方も自分に合っているかなども考えて職場を見つけた方がよいでしょう。

少し、ざっくり説明しましたが、なんとなくご理解いただけましたでしょうか?

ちなみに、私の場合は職場を探すのではなく、自分で経営をするようになりました。

それの方が自分にあった仕事を自分自身で作ることができるからです。

とても幸せな毎日を送っています。

3.親であったも、否定が多い場合は距離を置く

親と一緒に住んでいる場合は、精神的に自立できません。

親という世界観から解放されません。

自分を解放し、承認していくには、親から離れましょう。

もちろん一緒にいた方が良い場合もありますが、ほとんどの場合は親から離れた方がうまく行きます。

私の場合は、母親がとにかく優しい方で、母親のおかげで自分の精神が落ち着いていて、自分のためにも、人のためにと生きいきていけるのですが、父親は自分中心で、否定の比較的多い方でした。

父親とはうまく行きませんでしたので、私は家を離れました。

その後、離れたおかげて父のことも好きになりましたし、母への感謝の気持ちもさらに増すことになりました。

親との距離は、非常に重要です。

距離を置くことにより、自己承認や他者承認するためのココロの余裕が生まれてきます。

4.肯定の多い友人や知人を増やす

「すごいね」って多く言ってくれる人がいます。

私もそうですが、基本的に肯定マインドです。

否定しても何も生まれないことを知っていますし、人の良いところを見つけることが得意なんです。

肯定マインドの方は、経営者や個人事業主に多いです。

そう言った人たちと、よく話をしていくと自分自身を開花させていくことになります。

それは、自分のことを承認してくれるからです。

そして、そういった人たちから気持ちの力をもらうこともできます。

一緒にいると元気になるんです。

そうすると、だんだん自己承認が強化されていきます☆

5.先生をやる

得意なことを、教えて欲しい方に教えて上げましょう。

私であれば、ホームページを作ることができたので、その方法を友人に教えたり、起業の仕方を説明したりして喜んでもらっていました。

はじめは無料でいいので、教えてあげると、非常に喜んでくれるし、褒めてくれます☆

そうすると、また自分を承認できるようになります!

ポイントは、否定の多い友人には物事を教えないことと、必要ない人に無理に教えようとしないことです。

必要な人を探して、教えて上げてください。

6.制作物を無料で提供する

例えばデザイナーだとしたら、事業をやっている人にロゴなどを作って上げたりすると、素晴らしく喜んでくれます。

名刺のデータを無料で作って上げたりなどもいいですね。

デザイナーからしたら簡単な内容でも、できない人からしたら凄いことなんです。

喜んでもらうと、自分自信を承認できるようになっていきます、この方法もオススメです!

気づいたら自己承認レベルがアップしている

いままで話してきた内容を行うことで、自己承認レベルがアップして行きます。

気づかないうちに、自信をもてる正確になっていきます。

ただ、人それぞれ自傷レベルの深さがあり、なかなか改善できない場合もあります。

私の場合は、飲食の社員時代が非常に大変で、「自分自身はダメな人間だ」というように考えさせられてきました。

もともと、母親に暖かく育てていただいたおかげで、自分を完全に見失うことはありませんでしたが、一歩間違えたらうつ病にまでなっていたと思います。

母には本当に感謝しかありません。

ですた、そんな私が現在のように自分を信じることができるようになるまで、飲食の世界を離れてから3年間かかりました。

自分ではなかなか気づかないのですが、メンタルブロックが深くかかっていたようです。

ですが、いままで話したような「メンタルブロックを外す方法」や「自己承認をするための方法」を確実にこなしていけば、普通の方は3年もかからないと思います。

半年くらいで人格がリセットできます。

「今日から変わろう!」って思っても、変わることは非常に難しいです。

ですが、今日から変わるようなメカニズム、歩き方をしていこう!と思って着手をしていけば、知らないうちにマインドが変わっています。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

自己承認についての「まとめ」

いかがでしたか?

自己承認ができなければ、成功や幸せを掴むことは非常に難しいです。

必要な要素、まとめとステップ

  1. 自己承認が必要なことを理解すること
  2. メカニズムを理解すること
  3. 自分自信を分析すること(どんな正確なのか?)
  4. 自分に適した生活スタイル環境なのかを考えること
  5. 環境を変えること
  6. 友人を変えること
  7. 自分の特技を誰かに提供すること

上記の内容を行なって行きましょう。

そうすれば、必ずあなたの幸せ、未来が見えるようになってきます。