副業を始めると言うことは、あなた自身の商品をお客様に提供するということです。

ではその商品はどんなものでしょうか?

あなたが得意なこと好きなことを商品にするということは、とても大事ですが、

誰の役にも立たない、誰も助けることのできない商品は売れることはありません。

今回は誰のための商品を作るのか?

どんな商品を提供した方がお客さんが集まるのかをご説明させていただきたいと思います。

 

問題を解決できない商品は売れない

先ほども説明しましたが問題を解決できない商品は、価値がないと言っていいでしょう。

価値のある商品は必ず誰かの悩みを解決しています。

例えば薬であればあなたの病気を和らげてくれます。

コンビニが流行ったのは、遠くにあるスーパーや商店街まで足を伸ばさなくても気軽に買いに行けるようになったからです。

さらに夜遅くまで仕事をしている家でも買い物ができるようにしてくれました。

なぜ流行ったのかと言うと悩みを解決していたからです。

商品を考える時に、悩みを解決するということを拒むということは非常に茨の道を進むということです。

成功率を上げたいのであれば、この部分からは目をそらしてはいけません。

 

誰のためでもない商品は売れない

商品を制作する時に、商品を購入する人の顔は見えていますでしょうか。

誰に商品を提供して誰の悩みを解決するのかということを、できるだけ具体的に考えて商品を制作することが非常に重要です。

100人いたら100人の人が喜んでもらえるような商品ではなく、一人の人が大満足してくれる商品を制作する必要があるということです。

その一人の人の悩みをしっかり解決できる商品を制作しましょう。

誰を助けたいかを考える

あなたは誰を助けたいですか?

実際に、助けたい方の顔は想像できていますか?

実在する人物ですか?

実際に誰を助けるのかを明確にすることによって、明確にした相手を確実に満足させ結果を出すような商品を制作することによって、あなたのビジネスは成功していきます。

この誰を助けるかということを明確にしないと商品の内容が、結果の出ないもの満足度が上がらないものになってしまいます。

例えばパソコンの操作を教えて欲しいという方がいましたら、パソコンが未経験の人と、パソコンが得意な人とでは教えてほしい内容は全く違います。

必ず誰に教えるかということを明確にすることによって、その人の欲しい商品をしっかりと構築することができます。

その方の欲しい商品を明確に構築することができ、そして提供することができれば、大変満足し、あなたの商品をもう一度購入することになるでしょう。

そしてあなたの商品が非常に良かったということで、他の方にあなたの商品を告知してくれるでしょう。

また、商品を宣伝するときも誰のための商品なのかということが明確になっていないと宣伝をするときも集客率が下がります。

初めはなかなか一人の人のために商品を作るということに対してすごく抵抗があると思いますが、しっかり絞り込んで商品を作ってみてください。

必ず結果が付いてきます。

 

誰かの悩みから商品を構築、構成する

理論の基礎の基礎にあたりますが、商品はなぜ購入するのでしょうか。

それは「欲求」と「」みがあるからです。

欲求」というのは欲しいという願望、理想の自分などです。

悩み」というのはお腹が空いたとか病気で苦しいとか交通事故にあって足が痛いとか毎日ストレスで苦しいとか、痛みの部分に入ります。

例えば、あなたは100万円の貯金があったとします。

ひどいアトピーを持っていて100万円払ったら完全に治る場合と、昔からすごい欲しかった車が100万円だとしたらどちらを購入されますか?

答えはとても簡単で、ほとんどの人がアトピーを治す方にお金を使うでしょう。

人間は痛みが深ければ深いほど、悩みが深ければ深いほどお金を払ってでも購入をしてくれます。

その深い悩みを解決することができる技術を持っていれば、その解決できる技術に商品名と金額を設定して悩んでる人に提示をすればあなたの商品を購入してくれる可能性が非常に高いということです。

あなた自身はどんな悩みを持っていますか?

そしてその悩みに解消されるのならば、どのくらいの金額をお支払いしますか?

ぜひ、考えてみてください。

アンケート調査を行う

次に大事なことはアンケートを行うということです。

自分自身の考えだけではなく、実際のお客さんや、お客さんになりうる人たちから意見を徴収していきましょう。

  • あなたの商品を知った理由
  • あなたの商品を購入してくれた理由
  • あなたの商品を使った満足度
  • あなたの商品をもう1度購入した場合になぜそうしてくれたか?

などなど、いろんなポイントでアンケートをとっていきましょう。

特に、これから副業を開始しようと思っている方は、最低でも10人くらいはリサーチ(アンケート)を取りたいですね。

そうしていくと、どの様に告知したらいいかや、どのような商品を作っていけばいいかなど、わかってきます。

まとめ

得意なことで副業をするにしても、必ず誰をどの様に助けてあげられるかを考えなければ、あなたの商品が売れることは非常に困難です。

お笑いでも、人の心を楽しませて元気を出させてくれているから人気なんです。

暗い気持ちを明るくしてくれるという、そんな人助けをしているんです。

いまいち、理解ができない場合は、ぜひ何度もこの記事を読み返してみてくださいね。