会社にバレないように副業をやりたいけど、確定申告もしたくないし

何より、面倒なことになりたくない・・・!

って、初めは特に思いますよね。

そこで、今回は年間に20万円まで申告しなくていいっていう、素晴らしいルールについて話をさせていただきます!

 

20万円までの売上は申告しなくてよい?!課税されない?!

副業を始めようとしている方は、聞いたことがあるかもしれません。

年間の売上が20万円以内なら、申告をする必要がないんです!

そして、課税もされないんです!

逆に、20万円を超えた時点で、確定申告をしなければいけません・・・。

 

例えば、自分の趣味で副業をはじめようと思って、

1年くらいはどちらにしろ売上がほとんどない場合があるので、

20万円以内の売上でいろいろ挑戦してみるっていうのもいいですね!

 

アルバイトは年間20万円以下でも課税対象

ただ、20万円の非課税の副業対象は、自分でなにか商売を起こす場合や

あるいは、業務委託で業務を行なった場合です。

アルバイトの場合は年間20万円以下の収入でも、課税対象です。

アルバイトをした場合は、無条件で複数の会社で働いたということで、確定申告をしなければいけません。

確定申告をしないで、あとから国にバレると、ペナルティを食らうことになります。

私も、昔はそれを知らないときに、後から課税されて嫌な思いを何度かしました。

このあたりのルールも理解しておくといいですね!

 

売上から経費を引いた金額で計算をしよう!

もし、出張料理人として年間に売上25万円だとします。

しかし、料理をするのに食材費がかかっていますので、この場合は食材費を年間の売上にはカウントしません。

売上 – 食材費 = 利益(←この「利益」の金額が20万円を超えなければOKです!)

 

まとめ

副業時代がきたので、ルールをいろいろ理解して活動をしていくと、有利なことが非常に多いです。

ぜひ、参考にしていただければと思います。