第1章 総則

第1条 本学則の構成

本校は平日起業塾(へいじつきぎょうじゅく)からなります。

第2条 目的

本校は会社に依存しないでも、副業で収入を得ることをができる人材を育成するための教育を行うことを目的とします。

第2章

第3条 会員資格の習得

  1. 本校では、入学した時点で会員資格を取得したものとし、会員制度を採用します。
  2. 本学則は、会員における各種規定を定めたものとなります。
  3. 本校で受講を希望する場合は、願書を提出し選考を通過した後に、所定の学費を支
    払い、この学則に従って会員としての資格を取得します。

第4条 本校の受講希望者に必要な条件

  1. 本校の案内書類に記載されているコース受講により、その技術習得を目的とします。
  2. 本校のコースを受講し、理解できる基礎学力を有することとします。

第5条 会員資格の有効期限

  1. 会員資格の有効期期間は、入学日より12ヵ月とします。
  2. 申込受付後、学費納入等の入学手続きが期間内に実施されない場合(期間等は募集要項確認)、又はコース開始の 1 週間前までに、入学手続きが完了しない場合は、入学資格を取り消され、会員資格を失う場合があります。

第6条 会員資格の喪失

  1. 会員の方が、次の各号の 1 つに該当するに至った場合は、会員資格を失います。
    1.  本校(教職員含む)または会員に対して、物理的ならびに精神的を問わず、その教授並びに学習を妨げる行為があり、またその場合の指導に従ず、改善の余地がないと判断された場合。あるいは本校または会員に対して、危害を加える、本校の施設を破損する等の行為があった場合
    2. その他、本校の名誉・信用を失墜する行為及び、これに類する行為があった場合
    3. 第 8 条の会員の義務に違反した場合
    4. 入学時に、住所・氏名・連絡先等に事実と異なる記載があった場合
    5. 会員より自主的な退会の意思表示がなされた場合
    6. その他、会員としてふさわしくないと本校が判断した場合
  2. 会員資格を喪失または取り消された場合の学費等は以下の通りとします。
    1. 上記第 1.(1)、(2)、(3)、(4)に該当した場合は、納入済みの学費は一切返金されま
      せん。また、事由により本校に対する損害賠償責務が発生する場合がございます。
    2. 上記第 1.(5)に該当した場合は、第 11 条に規定する「中途退学保証制度規定」により処理されます。
    3. 上記第 1.(6)に該当した場合は、その事由により判断いたします。

第3章

第7条 本校の義務

  1. 本校では、会員が申し込んだコースを受講終了した時点で会員に対するその責務を完了いたします。
  2. 本校の責による事由により、受講予定あるいはすでに受講を開始しているコースを途中で打ち切る場合は、残された受講時間に相当する授業料を返金いたします。
  3. 各種付帯サービスは、学費以外の会員サービスであり、本校のコースの閉鎖・停止等の諸都合により、サービスが会員の方に告知なく変更又は終了または本校の都合により利用できない場合がございます。各サービス未提供の場合にも返金等には応じられません。
  4. 本校のコースなどをご利用になったことで、会員の方の知識・技能の向上、そのたの目的が、万が一達成できなかったとしても登校は一切責任を負いかねます。
  5. 新規入学時お申込みコース受講開始後および継続お申込みコース受講開始後に、目標とする資格試験 の試験制度の改定が告知または実施された場合も、本校改定後の試験制度に沿ったカリキュラムの提供義務を必ずしも有しません。

第8条 会員の義務

  1. 本校の案内書類に記載されているコース受講により、その技術習得を目的として学習に励むこと。
  2. 住所・氏名・電話番号・連絡先等会員登録事項に変更がでた場合はすみやかに届け出ること。
  3. 校内での録音・ビデオ撮影・写真撮影等は禁止されています。
  4. コンピューターにインストールされているソフトウェア等のコピーは一切禁止しています。許可無くこれを行った場合は、第 6 条により会員資格を喪失する場合がございます。
  5. リムーバブルメディア(CD-R,USB フラッシュメモリ,DVD,MO 等)の利用は授業で指定された用途に限定するものとし、その利用に伴うウィルス感染リスクは会員自らこれを負うものとします。本校が会員に貸与・譲渡したメディアで会員が第三者にウィルス感染を広めたことにより生ずる損害賠償請求に対しては、会員がその賠償の関に任ずるものとし、本校は一切関知しないものとします。
  6. 各資格試験の申込管理はあくまで会員各自が行ってください。受験資格、受験日・受験申し込み等の管理も会員の方が各自行って下さい。これらの告知義務は本校にはありません。
  7. 本校で用意する指導教材等は一切の複製を禁じます。また、第三者への提供も禁じます。許可無くこれをおこなった場合は会員登録を喪失することとなります。また、本校に対する損害賠償責務が発生する場合がございます。

第9条 学費及び各種制度一覧

1.学費

項目 金額
入学金 150,000円
コンテンツ使用料 190,000 円
事務手続き費用等 10,000 円
消費税 28,000 円
合計 378,000 円

1.各種制度適用

制度名 期間
会員資格 12カ月
特別継続料金(13ヶ月目以降) 月々3,000円(コンテンツ使用料)

第 10 条 申込コースの解約について

  1. お申込コースの解約については、以下の条件でお受けします。解約事由は不問です。
    1. (1) 申込日から 8 日以内の解約は、第 9 条 1 項に記載した学費全額を返金いたします。
    2. (2) 申込日から 8 日を経過した以降は、第 11 条の規定に従って返金いたします。
  2. 所定の申請用紙に記入の上、受講カードを添えて直接事務局に申請ください。窓口申請以外の郵送、FAX、電話、メール等による申請は無効となります。所定の申請用紙が提出された日が受理日となります。
  3.  学費納入後のご返金につきましては、毎月 10 日締め、翌月末に会員指定の口座へご返金します。
  4. 特定商取引法の適用を受ける契約に関しては本条によらず、契約書面記載の通りとなりますので、ご注意下さい。

第 11 条 カリキュラムの改定

  1. 本校が提供するカリキュラム(授業内容)は予告なく改定される場合がございます。
  2. 変更前のカリキュラムにお申込みの場合は、変更後の同等のカリキュラムで実施されます。

第 12 条 付則

  1. 本学則に規定なき事項については、本校・会員とも相互の協議により解決することとします。
  2. 本校と会員との間に争いが生じた場合には、東京地方裁判所及び東京簡易裁判所を管轄裁判所とします。
  3. 本学則は、平日起業塾 の案内書類に印刷されて交付されます。会員は入学時の入学申込書に、サインまたは捺印することで、この学則を遵守する義務が生じます。
  4. 本学則は、学校案内書の改定時期に、会員に事前に通知することなく変更となる場合がございます。その場合においても、現会員についての取り決めは変更後の学則が適用されます。

本学則施行日
2018 年 7 月 3 日 Ver.1.0