この度は、平日起業塾へ入塾おめでとうございます。

これから、塾生の皆さまが成功するように全力でサポートしていきますので、よろしくお願いいたします。

ここからは、入塾してから塾生が、まず行うこと、平日起業塾の歩み方をステップ形式で説明していきます。

それでは、早速着手していきましょう!

ステップ1「会員登録」

平日起業塾サイトへ会員登録

まずは、平日起業塾の会員登録をお願いいたします。

登録を行うことにより、平日起業塾の全てのコンテンツを観覧することができるようになります。

会員登録はこちら

会員登録後の報告

会員登録後、事務処理を円滑に行うために、重複する箇所もございますが、下記のフォームに情報の入力し、送信をお願いいたします。

(※他の生徒へ公開されることがございませんので、ご安心ください)

    ステップ2「必須動画の視聴」

    次に、下記の動画を必ず見ていきましょう!

    (オンライン講義の前に見ていることが望ましい)

    見る時に、必ずノートを取りながら動画をみて、要点をノートにまとめてくようお願いいたします。

    成功する人の5マインド

    成功する必須の条件!

    成功するための3つのステップ!

    成功するための5つの柱

    売上とは

    人はなぜ商品を購入するのか?

    https://www.youtube.com/watch?v=uSzSaXFlMhU

    ステップ3「オンライン講義の日程を確認」

    次に、オンライン講義の日程を確認して、参加表明をしていきましょう。

    ※原則、全出席が望ましいです。

    LINEのイベントページから日程の確認

    会員登録をしていただくと管理者から、イベント用のLINEスケジュールアプリを共有させていただきます。

    そこに、平日起業塾の予定を掲載させていただいておりますので

    出席できる日は、すべて参加申し込みをお願いいたします。

    ※基本はすべて参加をお願いいたします。どうしても参加できないときは、事前にご連絡ください。

    手順①

    平日起業塾のLINEグループの右上の「下矢印ボタン」をクリックすると、手順②のような画面が表示されます。

    手順②

    「イベント」アイコンをクリックすると、イベントカレンダーが表示されます。

    手順③

    下記のような、イベントカレンダーが表示されたら、平日起業塾の予定を確認してください。

    「◯」になっているところが、講義の予定が入っている箇所です。

    手順④

    講義が予定されている日をタッチすると、下記のような画像が表示されます。

    「参加」をタッチすると、参加登録が完了となります。

    下記が参加登録ができた状態です。

    手順⑤

    あとは、当日ご参加ください。

    当日までの行うことは、このあと記載させていただいたおります。

    ステップ4へお進みください。

    ステップ4「オンライン講義の準備」

    ZOOMのインストール

    オンライン講義はZOOMを利用して行います。

    無料ですので、事前にインストールをお願いいたします。

    インストールは
    こちら

    インストールの仕方はこちら

    注意点

    • パソコンにZOOMをインストールしパソコンでオンラン講義に参加をしてください
    • 必ず、1週間のまとめをしてから参加をしてください
      • 講義1時間前までに、下記のボタンから1週間の振り返りを入力すること

    進捗連絡表
    こちら

    講義当日の通常アジェンダ

    1. 講義の5分前に、LINEグループにZOOMのオンラインURLが送られて来ますので、そちらをクリックしてください
    2. クリックすると自動的にオンライン講義に参加します
    3. 他の方がいましたら、「こんにちは」と挨拶をしてください
    4. 21:00から講義を開始します
    5. 出席確認
    6. 宮、または石川からミニ講義
    7. 注意点の説明
    8. 質疑応答
    9. 1人1人やることを確認
    10. 全員、課題の着手開始
    11. 22:45 次回までの目標、課題を決める
    12. 23:00 終了

    ステップ5「極秘動画を見進める」(行動命!!)

    これから、動画を見続けます

    まず、行うことは成功へのステップ動画をみていきましょう。

    4-1:いますぐ販売代行を始め収益を得る方法

    販売代行は
    こちらご確認ください

    4-2:自ら商品を構築する

    商品構築は
    こちらご確認ください

    4-3:パブリックスピーキング

    パブリックスピーキングは
    こちらご確認ください